banner

借入の際に申込書の記入で気をつけるべきポイント

カードローンに申し込む時に必要となるのは基本的に申込書と本人確認書類だけです。 多額の借入の際には収入を証明する書類を提出しなければならない場合もありますが、通常であれば運転免許証やパスポートなどの身分証明書だけで手続きすることが可能となっています。 キャッシングを利用するためには会社による審査が行われますが、これは申込書に記入された個人情報に基づいて行われます。 審査において特に重要になる情報には職業・年収・信用情報の3つです。 職業については勤続年数がとても重要です。 勤続年数が長い人は離職率が低いのでキャッシング会社としても安心してお金を貸すことができるからです。 年収については基本的には多ければ多いほど有利になりますが、それよりも可処分所得が多いことが重要になります。 単に年収が多くても扶養家族が多くて返済に回せるお金が少ないと判断されてしまうからです。 信用情報では、現在多額の借金がないかどうか、過去に返済を何度も滞納したり債務を整理したことがないか、などが審査されます。 滞納や債務整理をしていると審査では極めて不利になってしまうので注意が必要です。 そして申し込みの際に何よりも気をつけなければならないのは、申込書に嘘を記入しないというということです。 以前に申込んで審査に落ちてしなった人の中には二度と審査に落ちないために本当にもらっている年収よりも多めの年収を記入したり、本当は子会社勤務なのに親会社に勤務していることにしたりといった虚偽の内容で申請を行う人がいます。 しかし、会社では審査の過程で在籍確認の電話を勤務先に入れるので嘘の情報を記入してもバレてしまいます。 もしもバレてしまうと今後お金を借りることができなくなってしまうので、虚偽の内容での申請は絶対にやめましょう。


土曜日にお金を借りる上手な方法

休日の方がどんな人でもお金を使う頻度は多くなります。 それが近場で自分の使っている銀行のATMなどが、近くにあれば手数料を多少多めに払えば済むかもしれませんが、旅行などに出ていたりするとなかなかそういった事にはいきません。 そんな時に便利なのがキャッシングなのですが、休日である土曜日などでは借りられないといった状態も出てきてしまいます。 土曜日借入ですが、普通は金融機関が土日などではお休みになっているのでカードローンでお金を借りることもできません。 しかし便利なキャッシングを諦めるといった必要はなく、各業者によって扱いが違いますので、そこをうまく利用することでお休みの時の借り入れを上手に行う事が可能になります。 まずは各会社でカードを作っておく事は必須になります。 会社自体が閉まっていては、カードの作成も審査も行う事ができないからです。 審査や発行と考えると時間がかかるようにも思えますが、これらは最近とても早く手続きが済むようになっています。 無人のATMやネットからでも手続きができる上、非正規雇用の方や専業主婦でも一定の要件を満たしていれば審査を通過できるので簡単です。 カードが発行されれば、カードを利用して店舗やネットから手続きをしますが、この時にネット銀行との提携のある金融機関であることが大切になります。 ネット銀行であれば土日も関係なく、口座にお金が振り込まれますので、簡単に利用することが可能となります。

Copyright(c) 2016 すぐお金を借りるには.jp Inc. All Rights Reserved.